映画「アキレスと亀」を見ました。


昨日、終電帰宅後に家でテレビをつけながら、ゆっくりしていたらミッドナイトシアターなるものが放送されているのを発見。その日の映画は、私の好きな北野武監督の「アキレスと亀」でした。

不思議と目が覚めて、そのままエンディングまで見てしまいました。売れない画家の物語ですが、いろいろと考えさせられるところがあります。久々にいい気分転換となりました。夢をあきらめずに追い続けることと家庭生活を両立させることの難しさ、夢が叶わない切なさが描かれています。
寝不足でしんどくなるかと思ってましたが、全く問題なし。元気に一日を過ごしました。気分転換は重要ですね。

そういえば、最近、なかなか小説を読めていませんでしたが、米澤穂信さん著「ボトルネック」(新潮文庫)を読みました。全般的に面白かったですね。人の心理が正確に描写されていると思います。フィクションですが、ノンフィクション好きの私が読んでも十分楽しめました。個人的には映画化された同じ著者の「インシテミル」よりも面白く感じました。自分が所属する世界とは別の世界を体験することで、自分自身に気づく主人公。主人公の気持ちが痛いほど伝わります。





他の弁護士のブログも見たい方は、コチラからどうぞ→にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ / 人気ブログランキングへ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ