久々に出かけます。


一昨日から今日まで三連休ですね。でも、連休初日は震災関連の法律相談、昨日は接見等の仕事があって残念ながらお休みできませんでした。


でも、最終日の今日は夜まで特定の予定は入っていませんので、久々にちょこっと出かけようと思います。今からネットで検索して行き先を決めようと思ってますが、東京近辺の観光スポットはだいたい行ったことがありますので、どこに行くのか悩みます。
行ったことがない場所で一番に思いつくのはスカイツリーか江ノ島です。どちらかに行くかもしれません。混んでなかったらいいな。

さて、久々に本を読みました。一冊は、増田明利さん著「今日、ホームレスになった」(彩図社)。もう一冊は誉田哲也さんの新刊「主よ、永遠の休息を」(実業之日本社)です。



前者は、普通の生活からホームレスになった数人の人生を簡潔にまとめて取り上げたノンフィクションでして、読んでいると少し暗い気持ちになりました。弁護士業界もこれから過当競争になりますから、もしかしたら自分も数年後にはホームレスになっているかも‥なんて思ったりします。そんなまさか‥と思われるかもしれませんが、ホームレスになった人の中には「自分はホームレスになるはずがない」と思っていた人が少なくありません。ふとした失敗やきっかけで生活は狂いますから、今がどんなに調子良くても他人事には思えないですね。
後者の誉田哲也さんの新刊は期待通りに面白いです。誉田さんの作品は毎回思わぬ結末が待っているので、面白くて一気に読んでしまいます。今回の作品は過去の少女殺人事件に絡めたものですが、主人公が刑事でゃなく記者であるという点が新鮮でした。





他の弁護士のブログも見たい方は、コチラからどうぞ→にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ / 人気ブログランキングへ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ