第61期10周年記念大会


 前回のブログで、健康診断で芳しくない結果(数値)が出たと暗にお伝えしましたが、
先日、詳細な結果が自宅に届きました。
 やはり数値がよろしくなくて、精密検査・経過観察等の文字が躍っていました。ここ数日、糖分を控えるよう意識していますが、
食生活の改善が数値となって表れるにはどの程度時間を要するのか、興味があります。
 しばらく放置していたことを反省し、来年も健康診断を受診するつもりですが、そのときまでに各種数値が変わっていてくれたらいいんですけどね。

 食生活の改善に加えて、代謝のよい身体をつくるべく、何か運動を始めようと考え中です。

 さて、ここからが本題ですが、先週の土曜日・日曜日の2日間にかけて、熱海で司法修習第61期10周年記念大会・クラス別懇親会が行われて、私も参加してきました。直前に西日本を大雨が襲ったため、急遽参加できなくなった方も大勢いたと思いますが、それでも600人くらいが出席したようです。
 服装については「カジュアルウェアでよい」旨事前の案内に記載されてましたが、「短パン、Tシャツ、サンダルは遠慮してください。」とも記載されていたので、
「どこまでカジュアルが許されるのか。」、「ジーパンで行ってもいいのか。」とどうでもいいことで悩んでいました。結果として、私はチノパンで参加しましたが、ジーパンの方も何名もいましたね。来年度10周年記念大会が行われる62期の方の参考になれば(笑)。

 熱海には品川から新幹線や伊豆急行で一本で行けるので、移動はとても楽でした。久々に同期と話せて、いろいろ参考になりましたし、楽しくもありました。
10年間ずっと同じ法律事務所に勤めている人もいれば、独立して自分の事務所を構えたり、企業内弁護士になったり、任期付き公務員になったり、留学して海外の弁護士資格を取得した人もいて、本当に進路は様々でした。ここ数年間、「弁護士は儲からない。」、「弁護士は割に合わない」という話をよく耳にしますが、今回の懇親会でいろんな人と話をした結果、弁護士の将来は世間で言われているほどには暗くないと感じました。
 もちろん弁護士が楽な仕事ではないことは間違いないですが、それは弁護士に限らずどんな仕事にも当てはまることなので(どんな仕事にもその仕事特有の大変さがあります。)、これから弁護士を目指す方には、悲観的になることなく頑張ってもらいたいと思います。なお、10年以上昔に比べたら弁護士業界の競争が激化していることは間違いないですが、どんな業界でも一定の競争はありますから、この点もそれほど気にしなくてよいと思います。

 来年以降に10周年を迎える62期以降のみなさんには、参加して損はないとお伝えしたいと思います(このブログを見てくれている方がどのくらいいるのか疑問ですが)。

 

他の弁護士のブログも見たい方は、コチラからどうぞ→にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ / 人気ブログランキングへ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ