憲法


芦部信喜著「憲法」表紙 実務についてからはほとんど憲法、行政法をやる機会がない。

でも、僕は時折り、憲法の基本書を読み直してます。
司法試験に受かってから、それまで読んだことがない本にも何冊か目を通したけど、ダントツ分かりやすくてオススメなのは、芦部先生の「憲法」(岩波書店)ですね。これは、長年、多くの人の間で読み継がれているだけのことはあります。司法試験、国家公務員試験、地方公務員試験を問わず、マスターすべきです。
松井先生の「日本国憲法」(有斐閣)も分かりやすいんですが、プロセス的憲法観に立たれていて、少数説であることを念頭において読むのがいいです。

ちなみに、最近、成文堂から発売された佐藤幸治先生の「日本国憲法論」は、噂通り、表現の難しい記載がいくつかあり、初学者は避けた方が無難ですね。

あえて芦部憲法のサブテキストとして勧めるなら、有斐閣アルマの憲法ですかね。けっこう丁寧な内容で、もっと売れてもいい気がします。


憲法 第五版
憲法 第五版
posted with amazlet at 11.09.11
芦部 信喜
岩波書店
売り上げランキング: 14064


日本国憲法 第3版
日本国憲法 第3版
posted with amazlet at 11.09.11
松井 茂記
有斐閣
売り上げランキング: 642808


憲法 1 人権 第4版 (有斐閣アルマ)
渋谷 秀樹 赤坂 正浩
有斐閣
売り上げランキング: 90456


憲法 2 統治 第4版 (有斐閣アルマ)
渋谷 秀樹 赤坂 正浩
有斐閣
売り上げランキング: 88305

他の弁護士のブログも見たい方は、コチラからどうぞ→にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ / 人気ブログランキングへ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ