がんこフードサービスの残業代未払問題


昨日は昼間に弁護士会の法律相談を担当した後、事務所に戻って労働審判の次回期日に提出予定の補充書面を起案していました。
依頼者と連絡をとりながら、起案を続行していたら、いつのまにか終電を逃し、久々に徹夜で朝まで仕事してました。明け方、ちょっとだけ仮眠を取るつもりで、椅子で眠り込んだはいいものの、気付いたら昼の1時前…( T_T) せっかくの休日が台無しですが(笑)、開き直ってそのまま事務所にいて起案しています。

事務所で使用している椅子は、エルゴヒューマンっていうちょっと高めの椅子なんですが、リクライニング機能が良くて、よく眠れてしまうのが難点ですね(笑)。最近、オットマン付きのモデルが発売されたようで、そんなの買ったら、ベッド代わりに眠れてしまうのでは?なんて思ったりします。私のような長時間デスクワークだといい椅子が必須ですが、どんな椅子がいいのかは体型次第ですので、悩ましいですね。オフィスチェアだとアーロンチェアが有名ですが、私にとってはヘッドレストがついていない点、座面が大きめである点で、選択の対象外です。仕事に集中するっていう観点では、うたた寝防止という意味でヘッドレストがない方が望ましいんでしょうけど。個人的にはオカムラのデュークチェアに魅力を感じていまして、自分で独立開業するときにはこれにしようかと思ってます。見た目がカッコいいんです。でも、実物に座ったことがないので、買う前に必ず座って確かめますけど。オフィスチェアを買う場合には、数年使用することになるので、ベッドを買うときと同じく、実際に確かめることが必要不可欠だと思います。



ところで、昨日、興味深い記事を見つけました。

 大阪労働局は2日、店の従業員に残業代などを支払わなかったとして労働基準法違反の疑いで、和食チェーン「がんこフードサービス」(大阪市淀川区)本社など関係先5カ所を家宅捜索した。
労働局によると、同社は「岸和田五風荘」(大阪府岸和田市)の従業員約100人の一部に残業代や深夜割り増し賃金を支払っていなかった疑いが持たれている。
信用調査会社などによると、同社は1963年創業で関西を中心に「がんこ寿司」など和食店や居酒屋を展開している。2011年7月期の売上高は215億円。
同社人事部は「労働局の捜査には全面的に協力する」としている。(共同)[2011年12月2日17時46分]


残業代未払で、実際に労基署が家宅捜索するのは珍しいことですね。世の中には、残業代を一切支払うことなく、過酷な条件で従業員を働かせている会社がたくさんあります。飲食店業界、美容師業界なんかは、残業代が支払われていないところが特に多いように感じます。他の会社にももっと労基署が積極的に介入すれば、労働条件は改善されていくと思うのですが。会社側としては、しっかりと労務対策をしておかないといけませんね。こういう記事が出ると評判が大きく下がりますし、被る不利益は大きすぎると思います。

他の弁護士のブログも見たい方は、コチラからどうぞ→にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ / 人気ブログランキングへ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ