法服の王国


 書こう書こうと思いながら、しばらく放置していたのですが、最近、黒木亮という作家が書いた「法服の王国 小説裁判官」(上・下)(産経新聞出版)を買って読みました。

 この小説は、裁判官の世界を描いたフィクションなんですが、時折、有名な判決が引用され、また、実名で有名な人物が登場する等、フィクションとは思えない出来になっています。
 原発訴訟や青法協と絡めて、裁判官の世界を詳細に描いていて、非常に面白かったです。
 裁判官をモデルにした小説自体が珍しい(私の知る限りでは)ので、裁判官に興味がある方はご一読することをお勧めします。





他の弁護士のブログも見たい方は、コチラからどうぞ→にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ / 人気ブログランキングへ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ