否認事件で勾留請求が却下されました。


最近、担当していた否認事件で勾留請求が却下されました。
刑事事件では、逮捕されてから、48時間以内に送検⇨24時間以内に勾留請求⇨勾留質問という流れを辿り、勾留請求されると、10日間の勾留決定が下されることが多いです。特に、否認事件の場合には何もしないでいるとほぼ勾留されてしまいます。

今回、逮捕されてからすぐに依頼を受けたことで、勾留決定が下される前に十分な活動ができたこと(時間的余裕があったこと)、ご家族が非常に協力的だったこと等が勾留請求却下に結びついたものと思います。勾留請求がなされる前に、検察官に意見書を提出して面談もしましたが、説得できず、あっけなく勾留請求されたときには無力感を感じました。ですが、あきらめずに勾留質問前に意見書を提出して担当裁判官と面談して心底よかったです。

勾留請求が却下されたといっても捜査は続くので、まだまだ気を抜けませんが、不起訴処分獲得を目指して引き続き弁護活動に励みます。

他の弁護士のブログも見たい方は、コチラからどうぞ→にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ / 人気ブログランキングへ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ