震災相談&接見


 昨日は、午前8時上野駅発の特急列車「スーパーひたち」に乗って、いわきまで行って、そこで夕方まで震災法律相談を担当していました。
震災法律相談を担当するのは2度目ですが、震災からもうすぐ1年が経とうとしているのにまだまだ弁護士のアドバイスが必要な方々がたくさんいると
知り、今後も少しでもお役に立てればと思います。

 福島原発の事故で避難を余儀なくされた方々の多くは、どこまで東電に賠償してもらえるのかというところを気にされています。損害賠償の範囲は、
因果関係の問題でして、なかなか予測がつかないところですので、アドバイスする側としても明確な回答をすることは難しいところです。
 私としては、東電から送付された請求書の書式に従って賠償請求しても、個別具体的な事情をあまり考慮されることなく一律に判断されやすいので、
原子力損害賠償紛争解決センターに対して積極的に和解仲介手続を申し立てるのがよいと考えています。そうはいっても、いざ申し立てをするとなると、一般の方にとっては敷居が高いようで、躊躇される方が多く、どこまで私たちがわかりやすく説明するかが重要ではないかと思います。

 さて、昨日は震災法律相談で4~5組の方々を担当した後、意気揚々と東京に戻ろうとしていた際に、接見要望の電話を受け、急遽、仙台に向かうことになりました。でも、いわき駅から仙台駅への直通列車は福島原発の影響で不通となっていたため、いわきから郡山駅まで出る必要があった上に、郡山駅行きの電車の発車時刻まで1時間もあり、大変困りました。いろいろと聞いてまわったところ、郡山駅行きのバスが出ていると聞き、バスで郡山駅へ行った後に、郡山駅から仙台駅まで新幹線で向かいました。
 仙台駅着は午後9時25分ころ。午後10時過ぎから接見を開始し、終わったのは3時間後。そのため、駅前のカラオケ店で始発の新幹線待ちの状況となり、現在に至っています。それにしても、仙台の寒さ、駅前なのに至るところに雪が残っていることにちょっと驚きましたね。童心に戻って、雪を踏みつつ歩いてました。

 明日は午前11時から公判ですから、弁論要旨を最終確認して万全を期したいと思います。睡魔と闘いながら、あと3時間頑張ります。

他の弁護士のブログも見たい方は、コチラからどうぞ→にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ / 人気ブログランキングへ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ