少年審判に抗告申し立てたけど…


年始に提出した少年審判に対する抗告申立書の結果が昨日出ました。

予想通り、抗告の壁は厚くて、棄却でした。もしかしたらとも思っていただけに、予想していたとはいえ、やはり悔しい…。認容された事例を時間があるときに調べて、もっと研究したいと思います。

話題が変わりますが、今日は某警察署にいつもより早めの時間帯に接見に行ったんですが、先に他の先生が接見に入っていて、待たされました。なんと、待ち時間は1時間30分。接見開始前に待ちくたびれてしまいました。
こうなるのは接見室が一つしかないことと混み合う時間帯に接見に行ったことに原因があると思います。例えば、湾岸警察署等の新しめの警察署では接見室が複数あり、待たされたことはほとんどありません。(建物が古い警察署は接見室が一つしかないところが多いです。)予算との関係で、そう簡単に建て替えがなされるとは思えず、接見室が一つしかない警察署で他の先生が接見中だった場合には運が悪かったと諦めるしかないですね。

ちなみに、他の先生とバッティングしない遅めの時間帯(21時半〜22時過ぎくらいまでの間)に接見に行くと、警察署によっては露骨に嫌な感じの対応をされるので(就寝時間後に接見する場合には、被疑者を接見室まで連れてくるのにいろいろ面倒な手続があるようで、警察職員の気持ちもわかりますが。)、歯がゆい思いがあります。

まぁ、独立して事務所をかまえたら、夕方迄に接見に行くことも自由(自己の裁量で自由に時間を使える。)なんで、昼間の空いた時間を上手く利用して接見したいと思います。

他の弁護士のブログも見たい方は、コチラからどうぞ→にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ / 人気ブログランキングへ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ