予期せぬ少年審判


昨日は午前中に弁準があって、午後からは少年審判でした。
少年の非行の内容、従前の生活態度等からすると、少年院送致の可能性が相当高い案件でして、保護観察となる可能性は低いと思っていました。
ですが、結果は保護観察。諦めずに少年の更生可能性を主張してよかったと心底思いました。

少年の場合、大人と違って、真に更生する、性格、態度を矯正するために最善の選択は何かという観点から、処遇が決まります。その際、少年の反省の程度や過去の非行歴、補導歴、生活態度、交友関係、親との関係、仕事の有無、学校に行ってるかどうか、などの様々な要素が考慮されるわけでして、もちろん少年審判廷における少年のあらゆる言動も考慮事項です。今回は、少年の認識や発言等から社会内で更生できると信じてくれた裁判官の期待、親の思いを裏切らないように少年には必ず更生してもらいたいと思います。
(とはいっても、そう簡単に生活態度を180度改めるのは難しいでしょうから、焦らず少しずつ変わっていって欲しいですね。)


さて、話が変わりますが、最近、auがスマートフォンの春モデルを発表しましたね。個人的には、WiMAXのモバイルルーターとして利用可能なギャラクシーの最新モデルが気になってます。これがあれば、今契約しているイー・モバイルのポケットWiFiの代わりになるし、通信速度も早いので今より一層、インターネットライフが充実するんじゃないかと思ってます。そろそろ今使ってるガラケーとお別れしようかと真剣に悩みます。あとは、iPhone5発売を待つかどうかですね。

他の弁護士のブログも見たい方は、コチラからどうぞ→にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ / 人気ブログランキングへ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ