事務所候補物件外覧


今日は、今週予定されている公判の被告人質問に備えるために接見してきました。
私は何度もやってるのであんまり緊張しませんが、被告人の方にとっては基本的に一生に一度の経験(再犯とか、そうじゃない人もいますけど)ですので、相当緊張するようです。
いつも私は、落ち着いてゆっくり話せば大丈夫、回答に詰まったらじっくり考えてもかまわないので丁寧に答えましょうとアドバイスさせて頂いてます。また、検察官からどんな質問がされるかも私なりに予想してそれを踏まえたアドバイスもしてます。
これまでに被告人の方が緊張して何も答えられなくなったなんてことは一度もないですね。予期せぬ回答がされたことはありますが、そこは臨機応変に質問内容を変更して対応できますし。回答を一語一句覚えるなんてことはナンセンスで、気持ちのままに事実を語れば問題ありません。情状弁護の被告人質問では、どれだけ罪と向き合い、真剣に考えて反省したかを裁判官にちゃんと伝わるようにすることが重要だと思います。

さてさて、今日は接見終了後に少し時間ができましたので、事務所用物件で気に入ったものを見に行ってきました。とはいっても、祝日でほとんどの不動産業者はお休みでしたし、大家さんも土、日、祝日は対応されない方が多いようでして、内覧はできず、勝手に物件の外観と街の雰囲気を確認しに行っただけですが。
今日見た物件はいずれも、六本木駅からのアクセスは良いものの、わりと古めのものでした。
ビルが古くても、内装がリフォームされてればあまり気になりませんから、むしろ街の雰囲気をチェックできたことがよかったです。

六本木といえば、派手なイメージ、騒々しいイメージがありますが、ミッドタウン方面とヒルズ方面、ドン・キホーテ方面とではけっこう雰囲気が違いました。ミッドタウン側は予想以上に落ち着いた雰囲気でしたね。また、ミッドタウン側だと千代田線の乃木坂駅までのアクセスも良好なのがいいです。物件自体の数が少なめなのが選ぶ側からはツラいですが。これに対してドン・キホーテ方面は予想通り賑やかでしたw

今日は夕方に見に行ってきましたが、今度は昼間に行って昼間の雰囲気もチェックしたいと思います。それ以上に内覧しないとダメなんですが…。

他の弁護士のブログも見たい方は、コチラからどうぞ→にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ / 人気ブログランキングへ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ