仕事納めと思いきや?


昨日は、事務所の忘年会で仕事納めでした。これで来年まで休めると思いきや、そうはいきません。刑事事件が継続していて、年末年始も少なくとも1回は接見に行くことになりますし、年明け早々に申し立て予定の労働審判の書面も作らないといけませんので。
残念ながら、やはり今年も実家のある京都には戻れなさそうです。

そういえば、昨日は裁判所も仕事納めの日でして、職員の皆さんもなんとなくまったりモードでした。年末年始は裁判所も検察庁も基本的にお休み(当直はありますが)ですので、直前に勾留された被疑者は、取調べが進まず、必然的に勾留延長される可能性が高まります。正月を留置場で迎えるのは本当に辛いと思います。世間一般だけでなく刑務所でもおせち料理が出るのですが、留置場ではお構いなしに通常通りのご飯が出るだけですし(これはあんまり大したことじゃないですかね(笑))、何より世間がおめでたいムード一色のときに薄暗い留置場でテレビも見られずに過ごすわけですから。

昨日は、午前中にある刑事事件の被害者との間で示談が成立したんですが、その後すぐに被害弁償を実行できたことで、勾留延長請求が却下されて、ギリギリで処分保留釈放されました。うまく解決して本当によかったと思ってます。示談が成立しなかったら、ほぼ100%の確率で勾留延長されて、年末年始を留置場で過ごすことになったわけですから。

また、別の事件についても、今週初めに保釈請求が認められて、被疑者の方が釈放されて、年末年始をご家族と一緒に過ごすことが可能となりました。

先週、今週とハードな毎日でしたけど、頑張ったかいがあったなと思ってます。さて、関係ない話ですが、今はこのブログを書きながら、年末シネマシアターで放送中の「僕の彼女はサイボーグ」を見ています。これがけっこう面白い。綾瀬はるかさんがかわいいです。さてさて、どんな結末になるのやら‥。

他の弁護士のブログも見たい方は、コチラからどうぞ→にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ / 人気ブログランキングへ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ