温情判決もらったかも?


最近、担当していた刑事事件の判決がありました。
被告人の前科、前歴と今回の件の被害の程度等を鑑みると実刑判決を覚悟していましたが、予想外に執行猶予がついて驚きました。

被告人の方は実直な人で、被告人質問でも全く嘘偽りなく、自分を飾らずに正直に話していて、実は逆に少し不安だったんです。こう言えば反省が伝わるのにっていうところでも不器用な言い方をしてて、裁判官から反省してないって思われたんじゃないかと心配してました。

でも、結果的に執行猶予がついてホントによかった。裁判官からは「極めて例外」みたいなこと言われたんですが、なんでそういう判決になったのかと考えると、むしろありのままに話したことで更生への意欲や反省がよく伝わったのかと思ったり…。

とにかく、被告人の方には、二度と罪を侵さず、しっかりと更生して欲しいです。

他の弁護士のブログも見たい方は、コチラからどうぞ→にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ / 人気ブログランキングへ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ