愛犬コテツとリョウマ

2023年初ブログ

 気づけば、1月も既に25日が経過していました。年始早々にブログ更新しようと思っていたのですが、たまっていた仕事の対応に追われたり、バイクや車の修理手配に追われたり、種々の交流会等に出席する等して過ごしているうちに、いつのまにか時間が経っていた感じです。

 今さらながら、今年の抱負を語ろうかと思ったのですが、実はあまり考えていなくて、さてどうしようかと思いつつ、このブログを書いています。

 琥珀法律事務所については、今年も昨年同様、交通事故事件や離婚事件、債務整理事件、労働事件といった一般民事事件を中心にやっていきたいと考えていますが、新たな一歩として、なんとなく敬遠していた相続事件や高齢者問題についても積極的に対応してしっかり解決できるようになりたいと思うようになりました。高齢化社会を迎える中で、家族や親類のつながりが希薄化しつつある現状に鑑みると、老後を不安に思っている方や危機感を感じている方はそれなりにたくさんおられると思います。このような不安感、危機感などを解消すべく、高齢者に向けた新たなリーガルサービスを構築できればいいなと思っています。漠然としていて具体的に説明できないんですけどね…。福祉との連携をうまくとれたりすると、より安心して暮らせるようにできるのではと思ったり…。
 いずれにせよ、まずは相続法や信託法等を勉強し直して、いつ相談がきても最低限大丈夫なようにしておこうと思います。時間があれば、介護関連の法律も勉強してみたいところです。

 なお、私個人としては、今年一年も事故に遭わないように運転に気をつけるとともに、健康維持を意識した食事や適度な運動(これが難しいんですよね(笑)。なかなか長続きしません。)を心がけて体調管理に努め、大きな病気をしないように健康に過ごしたいと思っています。

 ということで、今年もよろしくお願いいたします。このブログを読んでくださっている皆様にとっても今年一年がよい年になるようにお祈りいたします。

2023年1月25日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:仕事

他の弁護士のブログも見たい方は、コチラからどうぞ→にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ / 人気ブログランキングへ

フィッシング詐欺にご注意を

 もう12月ですね。昨年同様、あっという間の1年間だったように思います。
年齢を重ねるたびに時間の進み方を早く感じるようになるのは本当だと思います。

 さて、最近、マンション管理士試験と管理業務主任者試験を受験してきました。
どちらも準備不足のため、不合格は確実なのですが、どちらかといえば、前者のマンション管理試験の方が細かい知識を問われて難しいと感じました。実際、合格率もマンション管理士試験の方が低く、管理業務主任者試験もよりも難しいといわれています。いずれにせよ、来年再チャレンジしようかと思っています。

 ここから、本題ですが、表題のとおり、最近、フィッシング詐欺が流行っているようです。そして、これがまたかなり巧妙でして、私にも時折、フィッシング詐欺メールが届くのですが、今回は「【ヤマト運輸】お届け時ご不在のご連絡」というタイトルでメールが届き、メール本文に記載されている電話番号がヤマト運輸の電話番号と合致していますので、あやうく騙されそうでした。というのも、直近で着払いで荷物が届く予定だったからです。
 しかし、メール本文をよく読むと「荷物に不備がある」「48時間以内に返信しないと荷物を返送します」というようなめちゃくちゃなことが書いてありますので、怪しいなと思ってインターネットで検索して調べると、やはりフィッシング詐欺だと判明しました。ちゃんと、詐欺なので気をつけてと注意を促すサイトが存在していて、助かりました。
 ただ、一方で、これをご高齢の方が見破るのはけっこう難しいのではないか、ひっかかる人がいるのではないかと不安に思いました。

 こういう詐欺が一向になくならないのは悲しいですね。一般予防の観点から、詐欺事件の量刑が重くなりつつある現状はやむを得ないのかもしれません。

2022年12月7日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:日記

他の弁護士のブログも見たい方は、コチラからどうぞ→にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ / 人気ブログランキングへ

令和4年度宅建試験合格発表

 おはようございます。最近は帰宅時間を早めて朝出勤することが増えつつあります。終電がある時間に帰るのはなんとなく健康的に思えるので不思議ですね。
 ただ、究極的には始発で出勤して17時に帰るという生活を心がけた方がもっと健康的になりそうですが、依頼者さんは仕事が終わってから来所されることが多く、そうなると17時帰宅は厳しいのが実情です。

 さて、本日、宅建試験の合格発表がありまして、無事に合格していました。合格最低点はやや高めの36点、合格率は17%のようです。複数回受験者(ベテラン受験者)である私の手ごたえとしては、合格最低点は34~35点くらいと予想していたのでやや意外でした。
 いずれにせよ、ようやく合格できたので、今後はマンション管理士試験等を受験し、いつかは不動産鑑定士試験まで視野に入れて頑張れればいいなと思っています。
 実際に、資格試験を受験し始めて思ったのですが、仕事との両立はなかなか大変ですね。計画的に合格を狙うなら、試験1週間前は仕事量を減らすようにあらかじめ調節する、有給を利用するといった対策をとるのがよいのでしょうが、世間一般として、そう簡単にはいかないのでしょう(会社が理解してくれているなら別ですが)。そうなると、余裕をもって毎日コツコツやる、これに尽きるのではないかと思います。すき間時間を活用するにあたって、肢別本(一問一答問題集)が役に立つと思いますので(私にとってはよかったです)、残念ながら今年不合格となった方でこのブログを読んでくださった方は是非試していただければと思います。あわせて、宅建試験ドットコムの「過去問道場」というサイトもとても役に立ちましたので(携帯電話で、すき間時間に見て勉強できます)、お勧めです。


2022年11月22日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:日記

他の弁護士のブログも見たい方は、コチラからどうぞ→にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ / 人気ブログランキングへ

宅地建物取引士試験

 ずいぶん肌寒くなってきました。しばらくの間、関東は天候が不安定で雨続きだったので、ツーリングにぴったりの季節なのにどこにも走りに行けず、天気が持ち直した日にバイクで裁判所等に行って仕事をするだけでした。
 11月には、せめてどこかの紅葉を見に行けたらなと思っていますが、仕事が立て込んできていて、それも叶わないかもしれません。そう思うと切ないですね。

 さて、今月実施された宅地建物取引主任士の試験を先日受験してきました。
実は、今回が初めての受験ではなく、恥ずかしながら●回目の受験となります(笑)。ロースクール生のときに宅建試験に合格している人もけっこういるようなので、そのことから、自分も簡単に受かると思って油断していたせいか、いつも合格最低点に2~4点足りずに落ちていました。合格点まであと数点っていう落ち方をすると、ダメなんですよね。ちょっと勉強すれば翌年には合格できるはずって甘い期待を抱いちゃうので。私がその典型で、いつも試験日直前になって必死に勉強しては落ちるという行為を繰り返してました。
 そのため、今年の試験は、これが最後の受験と覚悟して、早めに準備したためか、予備校が出した合格最低点のいずれよりも点数が高かったので、マークミスがない限り、合格していると思います。やっと、事務所のホームページの紹介欄に「宅建試験合格」って書けますので安堵しています(笑)。

 宅建試験を受けようと思ったのは、特に不動産業を開始しようとかいう話ではなく、単に不動産業界の知識にもう少し蓄えたいと思ったからです。少し前に賃貸不動産経営管理士試験も受験して合格していまして、あとはマンション管理士試験も受けて合格すれば、そこそこ詳しくなれるかな、そういう風に周囲から評価してもらえるかなという淡い期待を抱いています。本当は、不動産鑑定士試験に合格できたらいいのですが、これは相当難しいので、かなり準備しなければならず、今の状況では取得できないとみています。
 そんなわけで、次はマンション管理士試験を突破できるように頑張ります。合格率は10%未満くらいなので、実はけっこう難関のようです。今年の試験まで1か月しかなく、仕事しながらでは厳しいかもしれませんが、やれるだけやってみて落ちたら来年に再チャレンジしようかなと思っています。

 余談ですが、宅建試験に合格するには、民法と宅建業法の2つをおさえることが最も重要なんですが、その他の法令の知識(都市計画法、建築業法、国土開発法等)を満遍なくおさえることによって、行政法のイメージが具体的になりますので、司法試験受験生におすすめしたいと思います。宅建業法の勉強はそんなに範囲は広くないので、何度も落ちた私がいう資格はないのですが(笑)、きっと合格できるはずです。

 
 

2022年10月24日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:日記

他の弁護士のブログも見たい方は、コチラからどうぞ→にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ / 人気ブログランキングへ

令和4年度司法試験合格発表

 ここ数日間、東京の天気は安定しないですね。少しずつ涼しくなりつつあって、バイクに乗るのにちょうどいい時期なんですが、残念ながらお預けです。

 さて、一昨日、司法試験の合格発表がありました。それによると、1403人が合格し、合格率は45、52%とのことでした。そして、驚くべきことに予備試験合格者の合格率がすさまじいですね。98%という高い合格率なので、予備試験合格者にとっては司法試験は試験としての意義に乏しいのではないかと思えてしまいます。
 もちろん、予備試験を受験してから司法試験を受験するまでにさらに勉強を続けているはずなので、簡単に司法試験は不要と言い切ることには躊躇を覚えますが、この点を考慮しても、法科大学院卒業生に比べて合格率が突出していますので、このままではよくないのではないかなと思っています。現状、予備試験の合格率は5パーセント未満のようですが、例えば、その合格者数を10~15%くらいになるように増やすことを検討してはどうでしょうか。そのくらいの合格率になると、予備試験を受験して法曹を目指す人が増加するはずなので、法曹界にとってもよいと思うんですけどね…。

 いずれにせよ、今回合格された方はおめでとうございます。
 残念ながら、不合格となった方は、あきらめずに敗因を分析し、再度、過去問検討を中心とした勉強を頑張って続けていってください。司法試験は、合格率が3%台だった昔の旧司法試験とは異なり、努力すれば必ず合格できる試験になったと思います。努力の方向性さえ間違えなければ(例えば、出題可能性が低い最先端の論点にこだわる、マニアックな学説の対立にこだわる等)、合格できるはずなので、不安になりすぎることなく、毎日一定の時間を確保して勉強していきましょう。

 

2022年9月8日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:日記

他の弁護士のブログも見たい方は、コチラからどうぞ→にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ / 人気ブログランキングへ

訃報

 最近、どうやら夜型人間に戻りつつあり、午後に出勤して翌日午前(深夜)まで働くという勤務を繰り返しています。
 朝の方が頭が冴えている、深夜の何倍もはかどる、という話をよく耳にするので、このような深夜型の勤務はよくないのかもしれません。ただ、実際には、深夜ゆえに静寂の中で集中できるというメリットもあるのではないかと思います。さすがに、深夜に事務所の電話が鳴ることはなく(ごくたまに電話があって、応答して法律相談に対応することもありますが)、電話で集中力が途切れることがないのはありがたいところです。
 とはいえ、午前5時から午前8時の早朝勤務も同様に静かなので、集中したいなら、早朝に来て夕方に帰るべし、というツッコミを受けてしまいそうです(笑)。

 さて、ここから本題ですが、最近、京都大学法学部の潮見佳男教授が急性心不全により逝去されたというニュースを見ました。潮見先生といえば、民法の大家でして、私が司法試験受験生だった頃は、潮見先生の基本書と内田先生の基本書が受験生に大人気だったことを思い出しました。どちらかといえば、要件事実を意識した書きぶりの潮見先生の基本書の方が人気が勝りつつあったくらいだと記憶しており、私は新世社の「基本講義 債権各論Ⅰ」と「基本講義 債権各論Ⅱ 不法行為方」を愛用していました(どちらも基礎から優しく解説してくれています)。そして、司法試験に合格してからも潮見先生の著作を参考にすることはよくあり、とてもありがたかったです。
 信山社の「プラクティス債権総論」はとてもわかりやすくて、受験生から実務家まで幅広く利用できるものですし、債権法の分野でいろいろ調べてもよくわからないときは、同じく信山社から出ている法律学の森シリーズ(「新債権総論1」、「新債権総論2」、「新契約各論1」、「新契約各論2」など)を読んでみたりしています。余談ですが、私が受験生だったときに、「法律学の森シリーズは難しすぎて、森に迷い込むから読まないほうがいい」と某先生から言われたことがあります(笑)。

 最近、「詳解 相続法」の第2版が発売されたばかりなので、お亡くなりになったというニュースを見ても実感が湧かないのが正直なところです。そもそも、潮見先生と面識はなく、あくまで文献を通して私が一方的に存在を知っているだけなので、実感が湧かなくて当然かもしれません。
 いずれにせよ、とても残念です。潮見先生のご冥福を心からお祈り申し上げます。

 

2022年8月25日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:法律学

他の弁護士のブログも見たい方は、コチラからどうぞ→にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ / 人気ブログランキングへ

8月になりました。

 ここ数日、東京は天気のよい日が続いています。気持ちいいくらいに空が晴れ渡っている日が多いのですが、他方で暑さがすさまじく、酷暑という表現がしっくりきます。

 そのため、日中はバイクに乗って走る気になれず、バッテリーをあげないためという目的で、夜に走ることが多くなりました。ただ、夜だと景色を楽しめないので、無味乾燥な感があります。やはり、バイク乗りにとっては、春、秋がちょうどいいですね。

 さて、最近は、交通事故事件の受任件数が増えていまして、交通事故事件の文献や裁判例を調べることが増えたことで、以前よりはるかに交通事故事件に詳しくなってきたように思います。一つの分野を突き詰めるのは大変ですが、もともと、バイクや車に興味があったので、それなりに楽しく学んでいます。
 今のまま、引き続き勉強を続けて、事務所全体のレベルを上げていければいいなと思いますね。
 

2022年8月12日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:日記

他の弁護士のブログも見たい方は、コチラからどうぞ→にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ / 人気ブログランキングへ

ジョジョファンは買いです

 本日、業務の合間に私が行きつけの有隣堂書店に立ち寄ったら、売上ランキング1位の欄に「地球の歩き方 ジョジョの奇妙な冒険」が飾ってありまして、思わず衝動買いしてしまいました。

 中身はパラパラとしか見れてませんが、ページのところどころに漫画に出てくるコマが散りばめられてまして、私のように、旅行に興味がない人であってもジョジョ好きなら満足できる内容です。

 国内だと杜王町のモデルとなった仙台の店舗等が取り上げられてまして、今度、仙台事務所に出張するときにいろいろ立ち寄ってみようとワクワクしています。
 その他、海外もいくつも取り上げられてますので、旅行好きかつジョジョ好きなら、買いですね。間違いなく。

 今日の仕事を終えたら、就寝前にゆっくり読もうと思います。
 

2022年7月19日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:日記

他の弁護士のブログも見たい方は、コチラからどうぞ→にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ / 人気ブログランキングへ

7月15日は…

 7月も今日で半分経過です。そして、本日をもって私はまた一つ歳を重ねました。40代になると誕生日が嬉しいという感想ではなく、あと何年元気に動けるんだろう、フルに働けるんだろう、健康でいられるんだろうって考えるようになり、微妙な気持ちになります。

 さて、ふと、自身が生まれた日が気になって、7月15日って何の日かなと思って調べてみました。すると、なんと、以下の2つの記念日のようです。

 ・ ホッピーの日(ホッピーが初めて製造された日)

 ・ ファミコンの日(ファミリーコンピューターが発売された日)

 昭和世代の私としてはとても感動したのですが、30歳未満の方にはどちらの日も伝わらないかもしれません。
 ホッピーは、昔、ビールよりも安価なお酒として流行っていたのですが、その後しばらくの間、なりをひそめ、最近、健康ブームの波に乗って話題になっているように感じます。ホッピーを提供してくれる居酒屋さんはそこそこありますし。プリン体がないのがホッピーの魅力ですね。甘いお酒が好きな人には、ホッピーは向いていないですね。

 一方、ファミコンですが、今となっては知らない人の方が多いのかなというように感じています。ファミコンは私が小学生だった頃、小学生が夢中になってのめり込むゲーム機であり、大人気だったRPGゲームのドラクエも1から3まではファミコンソフトとして発売されました。当時、ドラクエ3欲しさに学校を休んでおもちゃ屋さんに並ぶ小学生、中学生がニュースで報道されていたのを覚えています。ちなみに、ドラクエ4はスーパーファミコンで発売されました。今、ドラクエシリーズがどこまで続いているのか、どのゲーム機で発売されているのか、全く知りません。
 昔ゲームに夢中になって勉強をしなかったのですが、あるときからふとゲームをやらなくなりましたね。高校生の頃だったように思います。今からゲームを始めるとしても、昔のように夢中になれないと思います。大人になったことを実感しますね。
 ちょっと話が脱線しましたが、ファミコンは小学生だった私にとっては夢のように楽しいゲーム機でして、そんなファミコン記念日と同じ日に生まれたことを誇らしく思います。

 最後に、ファミコンに興味を持ったという方は、今でも中古のゲーム機とソフトが売られているようなので、トライしてみて欲しいなと思います。今のゲームと違って、映像等が粗くて物足りないと思われるかもしれませんが、やってみると面白いはずですよ。少し前に、事務所に誰かがもってきた携帯用のファミコン機(昔のゲームボーイくらいのサイズでソフトを差し込んでプレイするやつです)で忍者ハットリ君というゲームをやったのですが、けっこう面白くて20回くらいはプレイしてしまったことを思い出しました。

2022年7月15日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:日記

他の弁護士のブログも見たい方は、コチラからどうぞ→にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ / 人気ブログランキングへ

ファイナンシャルプランナー2級に合格しました。

 東京は明日からしばらくの間、雨模様の天気になるようです。雨が降らないと水不足の問題が新たに生じるわけなので、この雨は歓迎するしかないですね。今年の梅雨は短かったですし。バイクに乗れなくなりますが、しばらく我慢します。

 さて、今さらなんですが、以前に受験したファイナンシャルプランナー2級試験(日本FP協会が実施する方の試験)の合格発表が6月末にあり、なんとか合格していました(なお、その前に受験した3級試験も合格していました)。
 2級も3級も出題範囲自体はほぼ同じであり、単に難易度が違うだけのように感じました。
 ただ、午前の択一式試験は、3級試験と異なり、選択肢が4つに増え、より正確な知識が必要といえます。午後の実技試験については、3級試験と異なり、選択肢を選ぶ問題だけでなく、実際に自身で計算して出した数字を回答用紙に書き込む問題も出題され、3級試験に比べて難易度が大きく上がっているように感じました。要するに、実技試験では、ヤマカンで選択肢を選んで偶然正解する、という問題が少なく、真の意味で実力が必要といえるわけですね。

 午後の実技試験は100点満点中60点以上が合格となるのですが、恥ずかしながら、私は、今回、最低点である60点で合格しました。本当にギリギリでした。午前の試験と午後の試験の合間の昼休憩の際に、試験会場近くの神社に入ってお祈りしたことがよかったのかもしれません。信じる者は救われる、ですかね。もちろん、合格発表後に、再び同神社を訪れて、お礼を伝えてきました。

 2級試験は、3級試験と違って、付け焼刃の勉強ではしんどいと思います。そもそも、合格することも大事ですが、そのための勉強の過程を通じて知識を正確に身に付ける方がもっと大事だと思いますので、これから受験する方は、余裕をもった勉強をするのがよいと思います(自戒の念を強く込めてます)。毎日少しずつでもいいので、テキストを開いて読むことを繰り返すことがまずは必要だと思います。

 参考までに、今回、私は、2級、3級試験受験を通じて、マイナビ出版の「イメージで攻略 わかる!受かる!!FP3級(2級)AFP テキスト&問題集 2021-2022年版」を利用しました。2級用、3級用のいずれの本もイラストが豊富ですし、カラーなのでとっつきやすく、楽しく勉強できました。時間がないので、テキストを絞って勉強せざるを得なかったのですが、結果的にそれが功を奏したのだと思います。同じテキストを何度も読んだ方が記憶は定着しやすいはずなので。

 この調子で、今年も他の資格を目指していきたいと思います。

 

2022年7月11日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:日記

他の弁護士のブログも見たい方は、コチラからどうぞ→にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ / 人気ブログランキングへ

このページの先頭へ